FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシムの負の遺産 アジア杯・日本vsイエメンの雑感

平山



久しぶりにTV中継の無いサッカー日本代表戦だった。
一般的な知名度がある選手がいる”A代表”ではなく、若手中心の”B代表”のため視聴率が取れない可能性が高いというTV局側の思惑があったせいもあるだろう。
そして、視聴率の計算ができないにもかかわらず、法外な放映権料を要求された部分もあるだろう。
こんなところにも日本経済の衰退した姿が見て取れるのが、ちょっと悲しい。
早よ何とかせーよ、民主党!!

また、最近の日本サッカー協会の不手際も目立って報道されている。
イエメン戦・バーレーン戦の日程変更失敗、未承諾の選手を予備登録(内諾は貰っていたらしいが)などである。
協会は「すいません。変更出来ませんでした。」と謝れば済むが、実際にそれに振り回されるのは選手たちだ。
シーズンを秋春制に変更とかベストメンバー規定とか言う前に、しっかり選手を守り、成長を促し、世界と戦えるようにして欲しいと思う。


前置きが長くなりましたが、日本代表vsイエメン戦の”考察”を。
といっても、スポナビの文面による実況しか見ていないので、抽象的になってしまうことはご容赦ください。

このアジアカップの予選は、オシム監督時代にアジアカップ本戦で3位以内に入れなかったために課せられてしまった。
これが、「オシムが残した負の遺産」と言われる所以だ。
だが、裏を返して「次代を担う若手の修験場」と取れば、「正の遺産」に成り得ると思っている。
今回のイエメン戦、「テロによる情勢不安」「高地」「アウェー」「(国際試合の)公式戦」という外圧、「勝つか引き分けで予選突破」「A代表への生き残り競争」という内圧。
Jのチームで、日本で、経験出来ない事柄が多い。
これらの経験は、今回選ばれた選手たちにとって精神的にも肉体的にもプラスになる事ばかりである。

次戦は3月3日、相性の悪いバーレーン戦である。予選突破はしているのだから勝っても負けてもいい。
是非、今回の面子でもう一度試合して頂き、TV中継して欲しいと思う。

イエメン戦のシステムは、4-5-1だったようだ。
Jリーグ新人賞のFW渡邉をトップにして山村・山田直輝・米本の3シャドー気味だったのかなと。
ボランチに柏木・金崎。DFは槙野やVVVに移籍が決まった吉田、太田・菊池だった。
この面子を見たときに、システムは別にして、岡田ジャパンの選手選考のトレンドを外していないなぁと思った。
スプリントが早く、縦横無尽に走れる選手、そして、パスによるポゼッションが出来る選手を選んでいた。
そして、決定力不足を解消するための「4トップ」とも取れるシステムだった。
ただ、A代表と同じ戦術を取るには熟成不足というか、戦術理解不足というか、相互理解不足というか・・・
一抹の不安を感じていた。

案の定、実況に
「・前半10分 日本  中盤でボールが定まらず、なかなかバイタルエリアまでボールを運ぶことができない」
という文字が出る。
中盤でボールが定まらないとなれば、カウンターを受けているのだろうと思っていたら、
「・前半13分 イエメン GOOOOOAL!!」
の文字が踊る。
その後、山田直輝がケガで、FW平山が投入されたようだった。
ということは、システムはA代表と同じ4-4-2にしたようだった。
それでも、まだ中盤でボールが定まってないような印象を受けていた。
やはり、状況はそれほど好転していなかったようで、
「・前半39分 イエメン GOOOOOAL!!」
となった。
ただ、直後にコーナーキックからFW平山がヘッドで得点したとの記述が出る。
結局、1-2で日本が1点追いかける状態で前半を終えた。

岡田監督は平山を「パワープレー要員」として見ていた節があるように思えた。
私から見ても、岡田ジャパンが目指すサッカーには”今のところ”合致しない。
「スピード」で勝負しようとしている岡田ジャパンにとって、足が遅いのは致命的だ。
現在の”A代表候補”なら前田や矢野がいる。積極的に平山を選ぶ理由が見当たらないというのが正直な所ではないだろうか。

後半、山村に代えて乾を投入。
彼の突破により、流れとリズムを変えようとする狙いが見て取れた。
現にスポナビの実況は、後半「日本、乾の・・・」という文字が多くなる。
そこに金崎と柏木がうまく絡んでいたようだった。
さらに平山がポジショニングのウマさを見せ、2得点を上げる。

結局、ハットトリックをしてみせた平山のおかげで、3-2で勝ちアジアカップの予選突破を決めた。

岡田監督



様々な外圧の中で、公式戦に勝ったことは評価したい。
「オシムの負の遺産」と言われたアジアカップ予選だが、こうしてみると若手の修験場としては、「世界を見る前にまずアジアを体験する」という意味で、非常に優秀な場だったと思う。
そして次回のバーレーンや、アジアの強豪である韓国・イラン・UAEやオーストラリアなどと対戦することで、その意味合いはさらに色濃くなると思う。

個人的には、乾・金崎・柏木の3人に香川・山田直輝や徳永・長友・森本・平山・宇佐美が絡んだ日本代表が見てみたいと思う。


オモロかったら_ρ(. . )ポチッしたってください。励みになります m(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン





SEO対策:サッカー
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

tag : 岡田ジャパン サッカー日本代表 アジアカップ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なかなか辛口のコメントですね~
若い世代で何とか勝ってくれ良かったのですが、W杯の本大会が心配ですね。
(私が心配してもどうしようもないんですけど)
鹿島の小笠原さんも招集されたことだし、2月のキリンカップ、東アジア選手権で
様子を見ることにしましょう!

ブルーこうちゃんさんへ

ご訪問&コメントありがとうございます。

>なかなか辛口のコメントですね~
まぁ、サッカー日本代表を愛するが故、でしょうか (^^;)

>鹿島の小笠原さんも招集されたことだし
そうですね、やっと招集された、という感じでしょうか。
JOMO杯で見た、「憲剛・小笠原・遠藤」+「明神」の中盤が非常に良かったのでちょっと期待してます。

それにしても、平山が招集されてしまいました。
オプションの1つ、という意味ではアリかなとは思いますが、ここは ブルーこうちゃんさんがおっしゃる通り”様子見”をすることにします。

また、遊びにきてくださいね~

ありがとうございます!

サッカーでけでなく、いろんなジャンルにも話題がありますね!すごいっスね!
こちらこそ、また遊びに行く事にします。
6月はテレビの前で一緒に闘いましょう!!
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
Mora(モーラ)ランキング
週間売れ筋ショーケース
トラフィックエクスチェンジ
トラフィックエクスチェンジを中心とした、SEO対策にも有効な無料で使える総合アクセスアップサイトです。
プロフィール

大阪弁のおっさん

Author:大阪弁のおっさん
おっさんブログへようこそ!
11月に、yahooブログより引っ越してまいりました!

サッカー、音楽、漫画、生命保険についてなど思いついたことを書き綴ってます。
これからもよろしくお願いします。

リンク・トラックバックフリーですので、どんどんやっちゃってください!

タグリスト
プルダウン式のタグリストです。カウント順で出てきます。
検索フォーム
簡単ブックマーク設定
グーバーウォーク
Google AdSense
MicroAd
MicroAd紹介バナー
マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Adgger
BlogPeople ReviewMe!
List Me! by BlogPeople
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。