FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接着剤の選び方 その3-2 『接着剤をどこに(で)使うのか』

接着剤


この記事が初見の方は、接着剤の使い方 第2話「接着原理と選び方」や、接着剤の選び方 その1-1『素材』から見ていただいた方が分りやすいかもしれません。


先日、『その3-1』で接着剤の性質について書きました。
今回は『その3-2』として、
その性質を踏まえた上で、状況・環境に適した接着剤を選ぶ
ということについて書いてみたいと思います。

数多ある接着剤からベストの接着剤を見つけるのは、至難の業です。
1つの接着剤で何でもイケる、本当の意味での「万能接着剤」があればイイんですが、現在の化学技術はまだそれを許していません。
逆に接着できない素材が増えてきている状況です。

現在のこの状況でベストの接着剤を選ぶためには、売る方の知識も必要ですが、買う方の状況把握が最も重要になると言わざるを得ません。
それは買う側が、『素材や接着面の確認』や『接着する目的』、そして今回の『接着環境の把握』、さらに後日書く予定の『色・毒性・匂いなどの条件可否』を明確にしておくことと言えます。

そして、この4つのポイント(条件)を「全て満たした接着剤」が現時点でのベストな接着剤となります。

ただ、その状況・環境は千差万別です。
さらに『その1』や『その2』の条件も加味しないといけません。
さすがに、網羅しきれません(^^;)

ここでは、大まかな状況・環境について書いておきます。
もう少し詳細を、とか、ご質問等あれば、コメント欄にその旨書いていただければお答えします。

なお、a)、b)・・・というのは前回接着剤の選び方 その3-1 『接着時・接着後の環境(接着剤の性質)』で書いた接着剤の種類に呼応してます。

①とりあえずいろいろ考えるのがメンドクサイから、用途が広いモノ。
b)変性シリコン系 > {商品名:スーパーX・サイレックスなど}
これがあれば、「接着」という用途はほぼ賄えると思います。
難点は「硬化に時間がかかる」という点でしょうか。

スーパーX



②垂直面(壁・塀・柵など)
・垂らしたくないので、粘性の高いドロッとしたもの。
・仮止め(押さえておく時間)を少なくしたい。
というのが、垂直面における最低条件です。
さらに「屋外使用」の場合、条件がプラスされます。
・耐候性・耐水性があるもの
・なるべく接着力の高いモノ

このため、屋内の垂直面は
a)シアノアクリレート(瞬間接着剤)系 > {商品名:アロンアルファ、ゼリー状アロンアルファなど}
e)一液ウレタン系 > {商品名:ウルトラ多用途SUなど}
d)エマルジョン(乳化性)系 > {商品名:木工用ボンド、壁紙用など}

で十分と言えます。
但し、a)は{ゼリー状}になります。

アロンアルファウルトラ多用途SU木工用ボンド


屋外の場合は
h)エポキシ系 > {商品名:アラルダイト、水中エポキシ、エポキシパテなど}
で、このうち屋外使用が可能な(「表札用」など)1~5分タイプがよい、ということになります。

アラルダイト水中エポキシエポキシパテ




③平坦面(床など)
垂直面ほど条件は厳しくありません。
しかし、『その1』で書いた「接着するものは”何”と”何”か」や『その2』で書いた「接着する”目的”は何か」を十分吟味する必要があります。
ただ、「屋外使用」や「水場使用」の場合は、
・耐候性・耐水性があるもの
・なるべく接着力の高いモノ
を使う必要があります。

また、実際に床など重量物が乗る(動く)可能性があるところはなるべく硬く硬化する接着剤を選んで、接着剤を隙間が無いように塗ることを心がけてください。
h)エポキシ系 > {商品名:アラルダイト、水中エポキシ、エポキシパテなど}や、k)タイル用接着剤 > {商品名:dufix(ドフィックス)タイル用接着剤など}などがそれに当たります。

アラルダイト水中エポキシエポキシパテタイル接着剤




④なるべく早く付けたい場合
a)シアノアクリレート(瞬間接着剤)系 > {商品名:アロンアルファ、ゼリー状アロンアルファなど}
g)クロロプレンゴム系 > {商品名:ボンドG17,G10など}
c)スチレン・ブタジエンゴム(SBR)系 > {商品名:Gクリヤー、セメダインCなど}
h)エポキシ系 > {商品名:アラルダイト、水中エポキシ、エポキシパテなど}(※この場合は1分タイプ)
e)一液ウレタン系 > {商品名:ウルトラ多用途SUなど}

アロンアルファG17.jpgGクリヤーアラルダイトウルトラ多用途SU



上記5種を「硬化時間が早い順」で並べると、
a) > h) > g) > c) > e)
となります。
a)はモノの数秒で硬化、h)は1分前後、g)とc)は1~3分、e)が4~5分というところです。
注意点としては、
・a)とh)は硬化後、”硬く”なります。
・g)、c)は硬化後も弾性を保ち、ゴムのような柔軟性を持っています。
・e)は硬いという訳ではありませんが、g)やc)ほど柔らかくもありません。
・h)の1分タイプは主剤と硬化剤を混ぜ始めてから1分で動かなくなるので手早く作業する必要があります。
・g)、c)は溶剤臭がします。

また、釣具屋さんなどで売っているl)紫外線(UV)硬化型接着剤(光硬化型)も季節によってはかなり硬化が早い部類になります。
この『紫外線(UV)硬化型接着剤』は、その名の通り”紫外線”に当てると固まります。
日光・ブラックライトに当てることで固めることができます。

光硬化




⑤とにかく接着力が強いモノ
b)変性シリコン系 > {商品名:スーパーX・サイレックスなど}
e)一液ウレタン系 > {商品名:ウルトラ多用途SUなど}
g)クロロプレンゴム系 > {商品名:G17,G10など}
h)エポキシ系 > {商品名:アラルダイト、水中エポキシ、エポキシパテなど}

スーパーXウルトラ多用途SUG17.jpgアラルダイト



この4種で「接着力が強い順」に並べると
h) > g) > e) > b)
となります。

しかし、素材や状況によって、f)の5種の方がh)よりも強く接着する場合があります。
ちなみにf)の5種とは、
f)-1 ポリスチレン樹脂溶剤系 > {商品名:タミヤ プラモデル用など}
f)-2 ABS溶剤系 > {商品名:ABS用など}
f)-3 塩化ビニール溶剤系 > {商品名:エスロン、塩ビパイプ用など}
f)-4 アクリル樹脂溶剤系 > {商品名:アクリサンデー アクリル用など}
f)-5 PET樹脂溶剤系 > {商品名:アクリサンデー PET用など}

です。

注意点としては、
・h)のエポキシ系はゆっくり固まるタイプの方がより接着力が強くなります。(24時間>90分>5分>1分)
これを踏まえて再度「接着力が強い順」に並べると
h)24時間 > h)90分 > g) > h)5分 > e) > b)> h)1分
となります。ただ、g)~b)まではあまり差がありません。
・h)は硬く、b)g)e)は柔らかく固まります。




以上、5つの条件について書いてみました。
これで『接着剤の選び方 その3 接着時・接着後の環境はどのようなものか』は以上です。

しかし、これでも終わりません。
次回は、人によってはあまり気にしないポイントだとは思いますが、甘く見ると痛い目に合うポイントでもある、

4つのポイントの最後4つ目、『色・毒性・匂いなどの条件の可否』についてです。
ここまで読まれた方、お疲れ様でした。





オモロかったら_ρ(. . )ポチッしたってください。励みになります m(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン










スポンサーサイト

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : 接着剤 条件 環境

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
Mora(モーラ)ランキング
週間売れ筋ショーケース
トラフィックエクスチェンジ
トラフィックエクスチェンジを中心とした、SEO対策にも有効な無料で使える総合アクセスアップサイトです。
プロフィール

大阪弁のおっさん

Author:大阪弁のおっさん
おっさんブログへようこそ!
11月に、yahooブログより引っ越してまいりました!

サッカー、音楽、漫画、生命保険についてなど思いついたことを書き綴ってます。
これからもよろしくお願いします。

リンク・トラックバックフリーですので、どんどんやっちゃってください!

タグリスト
プルダウン式のタグリストです。カウント順で出てきます。
検索フォーム
簡単ブックマーク設定
グーバーウォーク
Google AdSense
MicroAd
MicroAd紹介バナー
マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Adgger
BlogPeople ReviewMe!
List Me! by BlogPeople
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。