スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザックジャパンの”方向性”

ザック



最近ホンマに忙しくて、更新が遅れ気味っす。

アルゼンチン/韓国戦を1勝1分けで終えた「ザックジャパン」。
特にアルゼンチン戦の勝利は劇的というか衝撃的というか・・・。

今年の代表戦は終わってしまったが、この2試合でおぼろげながら見えたザックジャパンの方向性について考察したい。
大きな枠組みとしては「W杯の日本代表(岡田前監督)の戦術の延長」と言える。

個人的にはオシム戦術の延長が見たかったんですが・・・・・・
ま、個人的な好みは置いといて。

W杯の時の守備は、自陣にブロックを作り徹底的に跳ね返すものだった。
「壁」を作るイメージでしょうか。
その”壁”に引っかかった(ボールを奪取した)ら、そこからカウンターレベルの速い攻撃に移るというものだった。
攻撃の際には、若干「オシムジャパン」「W杯前の岡田ジャパン」の頃のパスで崩す名残が見え隠れする時もあった。

今回「ザックジャパン」で垣間見えた特徴として
・中央を絞めて、相手ボールホルダーを外へ追い出す
・前への意識
・選手間の距離がコンパクト
などが見られた。

「中央を絞めて、相手ボールホルダーを外へ追い出す」はアルゼンチン戦では効果を発揮したが、韓国はダイナミックなサイド攻撃を主体に攻撃してきたため、跳ね返すので精いっぱいだった。
それでも中央を絞めているためW杯の時より安定しているように見えた。
闘莉王・中澤コンビのCFのように”高く、強く跳ね返す”ではなく、ボール奪取後はCFから攻撃の一手に参画する意識だったように思う。

「前への意識」はボール奪取後はCFから攻撃の一手に参画も一つだが、オーバーラップなどもW杯より多く見られたのではないだろうか。
それにより攻撃の厚みが増し、枚数も多く掛けられるようになった。

「選手間の距離がコンパクト」については、W杯のように本田が孤立することが少なく、ここに香川や森本、遠藤・長谷部などがフォローに入れる距離だった。
W杯前は俊輔1人が背負っていた”タメ”を数人で作れるようになり、枚数が多くなることでカットされてもすぐ奪いに行ける「守備における柔軟性」を手に入れた気がする。


ザックジャパンの方向性としてはW杯よりさらに攻守において「組織」の比重が大きくなったと思われる。
ただ基本は岡田前監督の方向性と同じということで、選手たちは順応しやすいのではないかと思う。
来年のアジアカップになってどういう進化をするのか、見て行きたいと思う。




オモロかったら_ρ(. . )ポチッしたってください。励みになります m(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

SEO対策:サッカー



スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

tag : ザックジャパン サッカー日本代表

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
Mora(モーラ)ランキング
週間売れ筋ショーケース
トラフィックエクスチェンジ
トラフィックエクスチェンジを中心とした、SEO対策にも有効な無料で使える総合アクセスアップサイトです。
プロフィール

大阪弁のおっさん

Author:大阪弁のおっさん
おっさんブログへようこそ!
11月に、yahooブログより引っ越してまいりました!

サッカー、音楽、漫画、生命保険についてなど思いついたことを書き綴ってます。
これからもよろしくお願いします。

リンク・トラックバックフリーですので、どんどんやっちゃってください!

タグリスト
プルダウン式のタグリストです。カウント順で出てきます。
検索フォーム
簡単ブックマーク設定
グーバーウォーク
Google AdSense
MicroAd
MicroAd紹介バナー
マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Adgger
BlogPeople ReviewMe!
List Me! by BlogPeople
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。