スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バオー来訪者/荒木飛呂彦


『ジョジョの奇妙な冒険』などで知られる荒木飛呂彦が、1984年に発表した漫画

主人公は、生物兵器「バオー」へと改造された青年「橋沢育朗」と予知能力を持つ少女「スミレ」の2人。バオーの超人的能力を狙う、政府系の秘密組織「ドレス」からの逃避行を中心に、2人の成長と相思をつづった物語。(Wikipediaより)


「グロさ」と「切なさ」を併せ持った非常に稀有な漫画でした。


そもそも「バオー」とは寄生虫の名前。
”生物兵器「バオー」へと改造”とありますが、実際は秘密組織「ドレス」が生み出した寄生虫「バオー」を実験として被験者に寄生させた、と言う方がいいと思います。

逃避行中に宿主である「橋沢育朗」が危険を察知すると、寄生虫「バオー」から分泌液が出され、「バルバルバル・・・」という擬音と共に”生物兵器バオー”に変身(変態と言った方がいいかも)します。
これを「バオー武装化現象(バオー・アームド・フェノメノン)」と秘密組織「ドレス」は名づけています。

「橋沢育朗」は”生物兵器バオー”になると自我を失っていましたが、物語終盤になるとバオー・アームド・フェノメノンを自らの意思で制御できるようになります。
ただ、そこには”生物兵器”に「させられた」悔しさ、”生物兵器”になった時の自分の醜い姿、守りながら戦っていく辛さ、という「橋沢育朗」としての”苦悩”と、それらを乗り越えてきた”心の強さ”がありました。

最後は、自分を生物兵器にした秘密組織「ドレス」を壊滅させますが・・・。



この『バオー来訪者』、コミックスでは全2巻、文庫版では全1巻と非常に短いものです。
なぜなら、『銀魂』や『バクマン。』でも語られているように「ジャンプシステム」により人気が無かったため「連載打ち切り」になってしまったからです。

しかしながら、この『バオー来訪者』は「連載打ち切り」を全く感じさせません。
まるで、元々短編で終わるように「なっていた」かのごとく、キッチリ話が完結しています。

今では”大河ドラマ的な長編”になってしまった『ジョジョの奇妙な冒険』ですが(それでもオモロイんですけどネ)それと違い、短編であるこの『バオー来訪者』は1話1話の密度が非常に濃いんですが、それを感じさせない程テンポよく話が進められ、それを読者はアッという間に読めてしまう・・・

ここに荒木飛呂彦の”ストーリーテラーとしてのスゴさ”を思い知らされました。


週刊少年ジャンプの数ある漫画の中で、個人的に好きな順位を挙げるとするなら、かなり上位(一桁代)に入れたい作品です。

荒木飛呂彦の作品は『ジョジョ』しか知らない方、もしくは、荒木飛呂彦の作品を全く知らない方は是非一度読んでみてください。
荒木飛呂彦の描く”絵”を受け入れられない方は、OVAが出ているのでそれを見るのもいいと思います。ただ、話が若干改変されているので(私は”改悪”だと思っています)、そのつもりで見てください。
決して、見て損はないと思います。






 私のおすすめオークション:


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
Mora(モーラ)ランキング
週間売れ筋ショーケース
トラフィックエクスチェンジ
トラフィックエクスチェンジを中心とした、SEO対策にも有効な無料で使える総合アクセスアップサイトです。
プロフィール

大阪弁のおっさん

Author:大阪弁のおっさん
おっさんブログへようこそ!
11月に、yahooブログより引っ越してまいりました!

サッカー、音楽、漫画、生命保険についてなど思いついたことを書き綴ってます。
これからもよろしくお願いします。

リンク・トラックバックフリーですので、どんどんやっちゃってください!

タグリスト
プルダウン式のタグリストです。カウント順で出てきます。
検索フォーム
簡単ブックマーク設定
グーバーウォーク
Google AdSense
MicroAd
MicroAd紹介バナー
マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Adgger
BlogPeople ReviewMe!
List Me! by BlogPeople
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。